The Artist / 禮生について


一円相を観る人 - アートプログラム「言霊のレストラン」より
一円相を観る人 - アートプログラム「言霊のレストラン」より

禮生のアートが誘う、美的体験 

 

 禮生は、アートを観る人とアートとの精神的な結びつきを演出する、形象的な書の表現者として知られています。

 

 代表作「円相(Ensou)」に見られるように、禮生は、シンプルな直線、曲線、円、といった世界中の誰もが理解できる図形を、重要なモチーフとしています。その筆致には、日本人に親しみ深い書道(Shodo)の古典的技術による美しさだけでなく、西洋の方々にも親しみやすい抽象画としての美しさがあります。

 

 そのような外観的・普遍的な美を入口として、さらに奥側へと禮生の作品は誘います。「禅(Zen)」の世界を彷彿とさせる、一瞬一瞬の「今」が凝縮されたその作風は、観る人に深く結びついている哲学的な美しさへと味わいを深めていく時空間を演出します。

 

アートの主役は、その目撃者です 

 

 それらの表現を支えるものとして、禮生は、ルーツである日本において育まれてきた「禅(Zen)」を自らの人生で体現し続けています。生命があるがままに捉える感覚を「呼吸(Breath)」に乗せ、「書(Sho)」の技法を用いて、アート作品へと昇華させています。

 

 その原体験として、禮生は20代半ばで発症した精神疾患を、数ヶ月間、何の期待も抱くことなく、ただ書に没頭することで完治させています。そこにあったことは、時折産み出された「美しい」と感じる一本の線を、何十分か、ぼうっと眺めることだけでした。過去や未来といった時間軸から心地良く切り離された、「今」この時を、心ゆくまで味わったのでした。

 

 制作者の自我を越えたような偶発的(かつ必然的)な書は、鑑賞者の心の状態をも映し出す鏡となります。目に入って来る美しさに「あぁ」と無防備になり、心の内側を覗き込み、そこに浮き上がってくる答えを観れば、自ずと日常生活に光が差し込むものです。アートの恩恵を受ける主役は、アートの目撃者、ひいては自分自身の目撃者なのです。

  

 これこそが、禅(Zen)の世界であり、禮生が産み出す、書禅一味のアートです。禮生は、今なお、初心の価値を生きて、禅や呼吸の師との出逢いから学び、作品を完成させていく重要な基準を磨き続けています。

「あぁ、これだ」で繋がる - JAPAN EXPO in Parisにて
「あぁ、これだ」で繋がる - JAPAN EXPO in Parisにて

世界基準の健康・美の追究に貢献します

 

 フランス・パリでのJAPAN EXPO出演を皮切りに、ニューヨーク、サンタフェ、マイアミ、プサンなど海外のアートフェアで出展を重ねながら、禮生が提示する芸術は世界中にファンを増やし続けています。

 

 たとえば、医師、心理学者、外交官、柔道家、そしてSDGs(持続可能な社会発展)のビジョンを持った経営者やコンサルタントなど…目に見える物質的な豊かさ・健康だけでなく、WHO(世界保健機構)が掲げる"健康の定義"で言うところの、ダイナミックな精神的豊かさの開発に着手し、事業として人や社会に貢献している様々な人達から歓迎されています。

 

 「見えないけれど確かにあると分かっている」価値の存在の、ひとつの目撃可能な証拠として、禮生の作品は、アート界においてもその存在意義を確立しつつあるとも言えるでしょう。「禅がここにあった」「私が求めていた世界がここにあった」「あぁ、これだ」という驚きにも似た声が、海外の人からも挙がります。禮生はこうした作品創りだけでなく、海外、日本全国を渡り歩いてのワークショップ、アートパフォーマンスを通じて、人と人との間で健康的な熱量の交換を実感できる場づくりに力を尽くして来ました。

 

 禮生は、人は真の美しさの前に立ったとき、恐れやしがらみを越える許可を自らに与え、精神性をより高いレベルに引き上げていくと考えています。禮生は、人々の生活を豊かにする芸術作品の創造に、そのキャリアを捧げるコミットをしています。

禮生近影 - 灼熱の空の下、ホワイトサンズ国定公園
禮生近影 - 灼熱の空の下、ホワイトサンズ国定公園