3/3 鐘ヶ淵をテーマにライブペインティング!

3月3日の桃の節句。季節の変わり目に、邪気を払い、女性の健やかな成長をお祝いする日。
 
そんな日に、作務衣(さむえ)姿で紙を担ぎ、ウキウキと蔵前の街を歩く男が一人。
 
男が向かう先は、蔵前駅から程近いガレージ風のカフェ「蔵前4273」。
 
暖かいプロデューサーさんと、ぱっきりした笑顔のキャサリンさんが迎えるこの空間で、約30分、ライブパフォーマンスをさせていただきました。
 
 
お題は、東京都墨田区の鐘ヶ淵(かねがふち)。
同じ墨田区住人として、地域への理解を深めるよい機会だと挑みました。
 
また、こちらの作品は、3月11日(土)に開催される「鐘ヶ淵 時代の人コンテスト&絵巻パレード」の会場にも出品します。
 

【作品解説】

鐘ヶ淵には、人情味溢れる空間、そして街道がありますが、その特異的な地形にも目を向けました。

 

曲ヶ淵(かねがふち)、指矩(さしがね)などの語源があるとされる、大きく曲がりくねった隅田川と、真っ直ぐ流れる荒川に挟まれた土地。この形を「淵」の漢字に当てて、制作を進めました。

 

鐘ヶ淵には、梅若(うめわか)伝説の木母寺や、隅田川七福神めぐりの多門寺など、多くの由緒ある寺社の存在があり、そして心安らぐ酒場が多いことから…今も昔も、新進気鋭の人から訳アリの人までみんなひっくるめて、この地に「魂の安息」を求めて集まっているのだろうと想像しました。

 

無数の丸い魂が流れ込んで「淵」のサンズイを担い、安息の象徴の観音様がこの地を見守り、その頭上には梅若伝説の母と子の象形文字が散りばめられています。みなさんはこれを眺めて、どんなストーリーが浮かぶでしょうか。

 

また、ライブペインティングだからこその妙といいますか、私の意図しないところで、「どっしりした構えで刀を振り上げる剣士」が荒川の上流に浮かび上がりました。
これはまるで、鐘ヶ淵に居を構えていたという、池波正太郎「剣客商売」で有名な秋山小兵衛の姿かも知れません。
捨てておけない想いを断ち切り、魂の居所に蹴りを付ける存在が、ここにも現れました。
 


同じ墨田区の住人として、地域の特異性を知りたい、アートに昇華させることを切っ掛けに多くの人と交流したい、その想いで作品創りに挑ませていただきました。観て、立ち止まって、心を耕す時間が産まれれば、これ幸いです。

0 コメント

東京・台東区&熊本・氷川町、出張ワークショップ(準備中)

近々、報告します、少々お待ちください。

0 コメント

9/22(木・祝)”すみゆめ踊行列”にて大書パフォーマンス

すみだ北斎美術館の開館日もじわじわと迫ってくる中、隅田川界隈では様々なイベントスタートします。
そのキックオフイベントとして、9/22(木・祝)に野外フェスティバル「すみゆめ踊行列」が開催されます。
http://sumiyume.jp/…/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%…/

 

こちらのオープニングアクトとして、数m(8m?)規模の、タイトル大書を描かせていただくことになりました。
11:00に両国の水上バス乗り場で実施予定です。

 

風情風流、粋色気、ゆるりとそこに在る景色。ふたつの音楽ステージ、川辺のパレード、多彩なパフォーマンス市、水上バス特別便、飲み食い処など盛りだくさんでみなさまをお迎えします。飲食しながら音楽を楽しみに、デートや家族サービスに、元気いっぱいのすみだのステージをお楽しみください!

 

個展最終日の午前中、こちらでパフォーマンスをして、赤坂小布施町に戻らせていただきます。

 

すみゆめ踊行列
開催日 : 2016年09月22日(祝)~2016年9月22日(祝) 11:00~16:00
会場 : 隅田川テラス(両国水上バス乗り場~吾妻橋船着場)

0 コメント

ロゴ制作の「城町ろばた 縁」がオープン

屋号の揮毫をさせていただきました、長野県松本市の飲食店「城町ろばた 縁 ENISHI」が9/10グランドオープンしました。

松本駅からほど近い観光名所でもある、風情ある通り「なわて通り」から路地に入ると、大きな提灯がお出迎え。

職人歴・飲食経営歴26年の店主の集大成とも言えるアート&おもてなしの空間。びっくりするような美味しい料理が待っています。

... もっと見る
レストラン・カフェ いいね!207件
0 コメント

第一回個展『2』に想いを寄せて

いよいよ今晩のオープニングパーティから、初の個展が始まります。

 

観ていただきたい作品がたくさんあります。

『2』年間の足跡と、人間の『2』面性の面白さと、『2』人三脚で生まれる新しい価値。個展のタイトルに付けた『2』には様々な想いがあります。

 

新旧、大小合わせて24作品+日々増えて行く予定の、赤坂小布施町へどうぞ足を御運びください。

http://www.akasakaobuse.com/

*会期中、概ねランチタイム以降にいます。

 

今、これまでの数年間、どれだけ多くの人の応援があって、一人だけではステージに立つことすら出来ない経験をさせて貰っているか…と感謝と不思議な想いが湧いています。

 

同時に、その皆さんに一人ずつちゃんとご報告が出来ないまま当日を迎えてしまいました。計画性の弱点を露呈し…『選択と集中』力を強化する時だと腹に落とし込んでいます。

きっとそんな学びも、作品に現れていると思います。

 

アートに【これが正解!】という解釈はありません。まずは真っ新な心で楽しんでください。
そして、何かを感じたことを、その場にいる人とわかちあい、自分らしく深めることで、新しい発見・可能性が見つかったならば大喜びしましょう。

 

皆さんのご来場を、心より、お待ちしています。

 

0 コメント